“saku” 2018.02.16


sakuちゃんより感想頂きました

  
Pokoさんの写真を初めてみたとき
モデルさん達がとても綺麗で生き生きしてて
私もこんな風に撮ってもらいたいと思い
応募しました。
 
当日は遠くから来ていただいたのに
ずっと緊張していてカメラを向けられると
なかなか良い表情ができず申し訳なかったです。
 
でも
初めて会ったのに友達と過ごしているかのように
Pokoさんとずっとおしゃべりしていて
普通に楽しんでいる自分がいて
そのおかげか
自分で気づかないうちに最後には
少し緊張がとれてたみたいでよかったです。
 
今度また撮ってもらえる機会があったら
もう少し上手く表情作れるようになりたいです。
 
Pokoさん楽しい時間をありがとうございました。

Pokoです

 
sakuちゃんから応募があって、どんな写真が良いか話し合っていると、
「外は苦手だし、一番落ち着くのは自分の部屋です」
とsakuちゃんが言うので、それならsakuちゃんの部屋で撮影するのはどうかと提案をしました。
 
それから数日して、
「もし良かったらご飯を作りましょうか?」
とsakuちゃんから提案があり、僕はとても嬉しくなりました。
 
 
彼女の住まいの最寄駅に着いて初めましてで対面した時、僕はちょうど辛いことがあって落ち込んでいたのだけれど、そんな僕の話をsakuちゃんは優しく聞いてくれて、僕はsakuちゃんのことが好きになりました。
 
女性の部屋を訪れる機会などはほとんど無いので、最初はソワソワしたけれど、sakuちゃんのお部屋は綺麗に片付いていて、とても落ち着く空間でした。
 
 
撮影を始めると、僕はすぐにsakuちゃんのお化粧にあまり色味がないことに気付いて、口紅を塗ってもらいました。
 
普段、あまりお化粧をしないとのことで、sakuちゃんは鮮やかになった自分の唇に違和感があるようだったけれども、僕はとても健康的で美しくなったように感じました。
 
 
sakuちゃんは普通にお話ししている時はとても良い表情なのに、カメラを向けるとやっぱり緊張してしまうようで、
「せっかく来て貰ったのに、わたし全然ダメかも...」
と言っていたけれど、緊張している様子もまた、sakuちゃんの今を捉えているわけだから良いと思うし、だんだんと緊張の解けて行く様子も写せたと思っています。
 
 
sakuちゃんの作ってくれたキーマカレーは、本当に美味しくて、僕はとても驚きました。
 
隠し味は砂糖やソースだと言っていました。
 
 
sakuちゃんとのゆっくりとした静かな時間は、今の自分とはまた違った自分の人生があるかのような、そんな不思議な気持を僕に感じさせてくれました。
 
sakuちゃん、ありがとうございました。