If you enjoyed our photos, please donate. 

“MARIKO” 2017.10.02


Pokoです


僕の精神状態が余りに悪いからか、その状況を目の当たりにしたMARIKOちゃんが、また夜に家に来て一緒に眠ってくれるようになった。
 
朝、仕事にいく準備をするMARIKOちゃんが、髪を梳かしながら、裸の僕を抱き締めてくれた。