肖像権の許諾に関して

 

Poko/MINOLI堂では、2018年の初頭より、新しい肖像権の許諾ルールや、写真使用のルールを適応していくことにいたしました。
過去に得た経験や教訓を落とし込んだルールとなっており、写真家の「作品を奪われない権利」と被写体の「不本意に使われない権利」のバランスを考慮し、双方の合意形成をより得やすい内容になったと自負しております。
 
とても簡単に基本を説明するなら、
「確認してもらって許可された写真しか使わないね。そのかわり、一回許可してもらった写真はずっと使わせて貰うよ」
というルールです。
 
つきましては、旧ルールの許諾書にサインされた被写体の方、または諸事情で許諾書にサイン頂いていない被写体の方に関しまして、新しい許諾書へ改めてサイン頂ければと思っております。
新しい許諾書へサイン頂けない場合は、過去の許諾書のルールに則り、また諸事情で許諾書のない場合は著作者としての権利として、写真を発表させて頂く場合がございます。
ただ、願いとしては双方の確固とした同意の上に表現していければと願って、こうしたお知らせを掲載するに至りました。
写真家、被写体双方の合意形成をより強固にし、双方にとってより良い表現をしていければと思っておりますので、どうかご協力のほど、よろしくお願いいたします。